かけあしちょきんだいさくせん TOPページへ TOP > ベランダ菜園で食費節約



我が家は集合住宅。広い庭はないけれどベランダで育てられるものはいろいろと挑戦しています。節約が前提なので1回1個収穫しておしまい・・という野菜よりも何度も収穫できるものを育てることが多いです。土の種類も肥料の種類もあまりよくわからない「超」初心者ですが、頑張っています。アドバイスと言うよりは「管理人の挑戦♪」とか「管理人の観察日記♪」の様な感じで見守ってください。

マンションや団地はベランダが避難通路になるところが多いのでベランダを植物で埋め尽くさないように、また景観を損ねないよう枯れたら素早い処分を。そして、よく集合住宅のベランダを見ると「あんなところに鉢をかけておいたらor置いておいたら危ないよー!」というものを見ますが、絶対にやめましょうね。

あわせて「再生野菜で食費節約」のページもお楽しみください。

管理人のブログ「節約ごころ かけちょ日記」にもベランダ菜園のカテゴリがあります。下記で紹介している以外の野菜も掲載していますので良かったらご覧下さい(不定期更新)


ベビーリーフミックス

ベビーリーフは極寒の冬を除いてはいつも絶やさないで育てています。(冬でも日の当たる室内なら育てられるそうです)育て方がとても簡単で何度も何度も収穫でき、新しい葉が出てくるので我が家のプランターの1/3はベビーリーフです(笑)

ベビーリーフには「エンダイブ」「ルッコラ」「早生水菜」「スイスチャード」などなど、いろいろな種類がありますが、このようにミックスの種を買ってきて蒔くと楽しめます。

アタリヤのベビーサラダミックスの種は税込210円。90cmくらいのプランターならスーパーで一袋100円で売っているベビーリーフくらいの量は収穫できます。それが何度でも(数えたことは無いけど10回以上)収穫でき、一袋でたぶん半年くらいはベビーリーフを食卓で楽しめるので節約の観点から言っても文句なしです。

種を土にばら蒔きすると2〜3日で発芽します。日当たりの良いところに置きますが、水分が無くなるとすぐにしなしなと枯れてしまうので水やりだけ気をつければ特に肥料など無くても育ってくれます。

上の写真は種を蒔いてから2週間ほど。少し混み過ぎているので間引きをし(間引きしたものももちろん食べます)葉が大きくなったらその葉の根元をはさみで切って収穫します。



三東白菜

10月始めに種を蒔き、5日ほどで上の写真のように双葉が出てきました。初めて育てる野菜なので種の袋の裏をよく読みながら挑戦します。巻き時は秋蒔きが8〜10月頃、春蒔きは3〜6月頃。30cm位の株間に5〜6粒ずつ点まきします。


10月13日。本葉が出てきました。もう少し成長したら順次間引きして本葉6〜7枚で1本立てにするそうです。


10月19日。本葉2〜3枚の頃。間引きして2本ずつ位にしてあります。
もう少し様子を見て強そうな方を残します。


10月25日。本葉が5枚ほどで1本立てにしました。大体30cm弱の感覚です。


11月2日。1本立てにしてからぐんぐん大きくなってきました。HB-101を2000倍くらいに薄めたものをあげました。

11月15日。プランタと土が見えません^_^; これだけの葉っぱなのでお水は多めにあげています。


ガーデンレタスミックス
ホームセンターで一袋189円で購入した「ガーデンレタスミックス」の種(アタリヤ)。いろいろなレタスが収穫できたら楽しそう!と、買って見ました。これも初挑戦。

蒔き時は関東なら3月下旬から10月上旬。今回はギリギリの10月始めに種を蒔きました。込み過ぎないようにばらまきします。

10月8日。1週間ほどで発芽。込みすぎかなあ??


10月13日。判りづらいですが、ピンクの本葉が出てきました。


10月15日。レタスなのでやっぱり込みすぎですね。ここで間引きします。ミックスなので間引きの時に葉の種類が偏らないようにバランス良く。


10月25日。初収穫。根元をはさみで切ります。いろいろな種類の葉があり、とても楽しいです♪


11月15日。前回(10/25)から3回ほど収穫しましたがまだまだ元気に葉が生えてきます。
レタスはいつでも採れると本当に助かりますね。


山椒
近所の園芸やさんで買ってきた山椒。50cm位の高さでベランダでも育てられます。地植えだと大きくなりますが鉢ならこれくらいの大きさで留まります(移植に弱いそうなので気をつけてください。)。山椒は日陰を好むそうなので日陰または半日陰の場所で育てます。

我が家はまだ大丈夫ですがアゲハチョウの幼虫がつきやすいそうなので見つけたら割りばしなどで採りましょう。



料理の彩りに、香り付けにあるととても重宝します。


バジル
バジルはとても育てやすく、水をあげていれば育つような感じです。トマトのコンパニオンプランツとして一緒に植えるとトマトの虫を防いでくれます。サラダやバジルペースト、料理の彩りなどに使えます。



写真は10月。トウがたった頃ですが花もとても可愛らしいです♪


ピーマン
初夏、ホームセンターでピーマンの小さな苗を購入。コンテナに植えて育てました。
夏から秋にかけて20個ほどの実をつけ、楽しませてくれました。節約出来たのか微妙ですが、ピーマンが無い・・という時にベランダからいつでも獲れるのはとても助かりました。虫が付くことも無く、初めての挑戦でしたが大満足。来シーズンもピーマンは育てたいです。

いい写真がとれませんでしたが・・





TOPページへ