かけあしちょきんだいさくせん TOPページへ TOP > カーシェアリングとは



最近「カーシェアリング」という言葉を耳にしませんか?

日本でも少しずつ「カーシェアリング」が普及しつつあります。一体「カーシェアリング」とはなんでしょう?そしてお得なんでしょうか?

● カーシェアリングとは

カーシェアリングとは一言で言うと『会員制のレンタカーシステム』。
(car=「車」 sharing=「共有する」)

複数の会員が一台の自動車を予約制で必要な時だけ乗るというシステムです。
1987年ごろ、スイスの学生の間ではじまり、ヨーロッパを中心にその制度は広まりつつあります。

日本ではまだまだ知らない人も多いのですが、少しずつカーシェアリングを提供する団体や企業そして
利用者も増えつつあります。

マイカーを持たないことで費用の削減や環境改善につながります。




● カーシェアリングは「お得」か?

自家用車を持てば維持費がかかりますし、駐車場も必要です。カーシェアリングはそういった費用が不要。
ガソリン代などは会費の中からまかなわれます。

ただ、走行時間、距離によって利用料金がかかります。企業、団体によって料金設定は違ってきますがだいたい
年間1万キロ以上運転するのであればマイカーやリースの方が金銭的にはお得だと言われています。

自家用車を所有しているのに月にほんの数回しか運転しないような方は駐車場台などのコストがもったいないのでカーシェアリングを利用したほうがお得ですよね。




● 環境に良いカーシェアリング

カーシェアリングを利用する人が増えれば車の台数が減ります。これは自動車を作るための資源やエネルギーの削減につながります。そして、渋滞の緩和、交通量の減少からCO2の削減効果があります。


お住まいの地域にもカーシェアリングを提供している企業、団体がないか「カーシェアリング ○○(←地名)」などで検索してみてはいかがですか?



当サイト関連ページ⇒「節約出来る車の乗り方 〜エコドライブ〜」

スポンサードリンク

TOPページへ