かけあしちょきんだいさくせん TOPページへ TOP > 便利でお得な「置き薬」



家族が急に熱を出した、おなかが痛くなった、怪我をした!そんな時に限って家に薬がなくて薬局までわざわざ買いに行ったり家に薬があっても使用期限が切れていたり・・ということ、ありませんか? また、地震などの災害の時、いろいろな種類の薬が入った薬箱があればとても心強いですよね。

我が家では昔ながらの「置き薬」(配置薬)を利用しています。 置き薬って、使わなければ “無料” だって、ご存知でしたか?

● 置き薬とは

薬局や薬品会社がいろいろな種類の薬が入った薬箱を預けてくれ、私たちは必要な時にその中から必要な薬を
いつでも使用することが出来ます。

担当者が数ヶ月に一度訪問してくれ、使った薬の分だけ代金を徴収するシステムです。
またその際、使用期限が切れている薬などは無料で交換してくれます。


これが我が家で利用している某社の置き薬。

まさに「痒いところに手が届く」 我が家にとって置き薬はそんな存在です。





●お得な置き薬


* 支払うのは「使った薬の分だけ後払い」。使わなければ代金は払わなくていいのです。

* 使用期限が切れた薬は無料で新しいものと交換してくれます。
  (自分で薬局で買うと、使用期限が切れたものは捨てなくてはいけませんよね。)

* 薬箱を置く際にかかる費用(前金・保証金など)は一切ありません。

* 担当者は薬の知識も豊富。訪問時に薬についての疑問を解消できます。もちろん、担当者の訪問も無料です。

* たま〜に、サービスで試供品などを貰えちゃったりすることもあります♪(契約会社や担当者によるかも・・)


* めったに薬は使わない。という方でも大丈夫。いざと言う時のために置いておくだけでも良いのです。

* 救急箱に無い薬は電話で注文すれば届けてくれます。



創業50年の富士薬品、便利な救急箱をご家庭に!



創業50年の老舗、富士薬品では各都道府県知事の認可を受けた安心・知識が豊富な担当者が置き薬を届けてくれます。



これまでお話した通り、置き薬はとてもお得ですが、たとえば絆創膏などは100円ショップやドラッグストアの特売の方が安い場合があります。

日常生活で必要な薬すべてを置き薬でまかなうのではなく、置き薬と薬局などの市販薬、また、病院を上手に併用するととても安心でお得です。



TOPページへ