かけあしちょきんだいさくせん TOPページへ TOP > 節約旅行をしてみよう



家族で、または恋人同士での旅行はとても楽しいですよね。
私は旅行の楽しさは、かけた費用に比例するとは思いません。

「お金がないから旅行に行かない」ではなく、ホンの少し頑張って極たまにでも旅行をするとまた翌日から節約生活を楽しめるものです。。

我が家も子どものため、家計が苦しくても年に1〜2度は旅行をするようにしています。ただしきちんと「節約」旅行を。
我が家流のお金をかけない旅行の仕方を紹介します。


宿探し
まず、宿探し。
出来ればシーズンオフに旅行した方が安い宿は見つかるのですが通常はお盆休みや正月休みなどに旅行に出かけますよね。当然、レジャーシーズンは宿泊料金も割高。
と言っても、お手ごろな宿がないわけではありません。ただし、少しでも良い宿に安く泊まりたいのは皆おなじ。
宿探しは1日でも早く取り掛かりましょう。これが基本。

私がいつも利用するのは「楽天トラベル 」国内最大級の総合旅行サイトです。数年前までは「じゃらん」などの本を見て予約していましたが、ネットの方が情報は早いですね。(ちなみに今では「じゃらんnet」があるのでじゃらん派の方はサイトをご覧下さいね。もちろん本を買うよりネットで宿探しをした方が節約になります。)

私がよく利用する「楽天トラベル」に話を戻すと、楽天トラベルは利用日や地域・予算などに合わせて2万件以上の宿から条件に合ったものを探し出せます。宿の詳細情報を見てみると実際に利用した人のレビュー(感想、苦情など)も書いてあるのでその宿が良い宿かどうかの目安になります。

我が家の記憶に新しいところでは1泊2食付で1人6,000円。子どもは無料だったので家族3人12,000円で素敵な露天風呂があるペンションに泊まれました。

もっと安い宿を見つける事も可能ですよ。

ちなみに楽天トラベルから宿の予約をすると宿泊代金の1%が楽天スーパーポイントとして付与され、楽天市場 でのお買い物に使うことが出来ます。



小さな子どもにごはんやお布団は必要?
宿探しをしていると、小さな子どもでもきっちりと大人料金をとられる宿や子どもは無料の宿、または条件によって金額が変わる宿があります。

条件とは「○歳までの子どもは食事・布団アリなら大人料金の半額、食事だけなら30%の宿泊料」などといった感じです。うちの子は4歳(記事作成当時)。今まで何度か旅行に行きましたが必ず「子どもは食事も布団も要らない」という選択をしています。

ペンションや旅館の食事は「食べきれない〜」というほど多いので私と夫の食事を子どもに分けても充分。布団は家でも2枚で寝ているのでもし3枚(人数分)敷いてもらってもどうせ家族3人かたまって寝るでしょう(笑)

ある程度の年齢になるまでは宿での子どもの食事やお布団は必要ないと思っています。



宿探しは周辺施設も一緒にリサーチ
いくら安くていい宿が見つかっても周りに何も楽しめる施設や自然がなければ楽しい旅行にはなりません。

宿探しと並行してその周辺で旅行時期にどんな事が出来るのか調べておくのはとても重要。

ゴールデンウィークなどはこどもの日に無料イベントをする地域や施設もありますし、お祭りならお金をかけずに見るだけでも楽しめます。海や川があるだけで楽しく過ごす事も出来ますね。

また、レジャー施設などはHPを見てみると割引クーポンをプリントアウトできるところも多いのでサイトチェックは忘れずにしましょう。



出発日はお弁当と持参飲み物で
せっかくの旅行なので「美味しいものを食べたい!」のはあたりまえ。我が家も旅行の時には充分に現地の食材を満喫します。

だけど泊りがけの旅行の出発日。目的地に着くまでは持参のお弁当と水筒で。

旅行と言うと気持ちが大きくなってついつい途中のパーキングエリアなどで食事をしてしまったりコンビニでおにぎりやサンドイッチを大量に買ってしまったり。これって無駄遣いですよね。

そうではなく、途中で景色の良いところで持参のお弁当を食べるのがとても美味しいんですよ。美味しいものは宿や、翌日の昼食などで思い切りいただけます。

これだけの準備をしたら、あとは旅行中に「もったいない」は禁句。
旅行中は節約のことを少し忘れて楽しんだほうが断然お得です!思い出をいっぱい作りましょう。




TOPページへ